謝辞の四つのポイント・お開きとなったら

■謝辞は四つのポイントを押さえて
閉宴三十分前になったら、受付係や世話役は連絡を取り合い、披露宴がお開きに近づくといって、受付の準備をすませる。

招待者が来賓に対してする謝辞及びあいさつは、新郎の父親が代表して行う場合が多いが、新郎新婦でも、ほかの親族でも差し支えはない。

ただし、だれが行うにせよ、内容としては、
(1)多忙な時間をさいて披露宴に参列してもらったことに対する感謝の気持ち
(2)媒酌人夫妻の労に対する感謝の気持ち
(3)今後の新郎新婦に対する指導、支援を依頼する言葉
(4)披露宴での不行き届き、失礼をわびる言葉
の四つは織り込むようにする。

親族のあいさつは、披露宴の大切な締めくくりなので、簡潔明瞭でいて心のこもったものにしたいもの。

謝辞は、新郎新婦、両親は起立して行い、あいさつがすんだらそろって一礼する。

■司会者のあいさつで宴がお開きとなったら
新郎新婦、媒酌人夫妻、両親がまず退場し、次いで招待客が順次退場することになる。

先に退場した新郎新婦、媒酌人夫妻、両親は、出迎えのときと同じように、会場の出口に並んで招待客を見送る。

招待客がかける言葉には、笑顔で「ありがとうございました」とあいさつする。

このとき、話を長引かせて退場の列をとどこおらせることのないように注意しなければならない。

熟年結婚

コメントは受け付けていません。