控室での挨拶

■父母控室は新郎側と新婦側に分かれ、媒酌人には男性は新郎側、女性は新婦側の控室で式を待っていただきます。

ここで親は媒酌人に「本日はお忙しいところをお運びいただき、誠にありがとうございます。」と挨拶をしておきます。

新郎、新婦にも同様に挨拶をするように伝えておきましょう。

来賓はまた別の控室が用意してある場合もありますが、最近は同じ部屋であることが多いようです。

このときは、媒酌人の居場所がないようでは困ります。

媒酌人がロビーなどをウロウロしている姿は、あまり見た目のいいものではありません。

新郎あるいは新婦の近くにいていただくように声をかけるようにしましょう。

■披露宴の時間が迫ってくると、来賓が次々といらっしゃるでしょうから、主賓の方には媒酌人をご紹介します。

また「この度、媒酌の労をおとりいただく、○○様ご夫妻でいらっしゃいます。
今後ともご指導、ご鞭撻いただきたく、これから親戚の紹介をさせていただきます。」

と親戚を一人ずつ紹介するのも、親の役目といえます。

また、両家の親は来賓に一人一人挨拶をしなければなりません。

新婦の親であれば、きれいに着付けをして、白粉で化粧をした娘の近くに来賓を誘って「声をかけてください。」と勧めましょう。

■親は控室では気を配り、とくに新郎新婦の若い友人たちが緊張せずくつろげるような雰囲気をつくりたいものです。

お開き後は立ち礼で来賓の皆様をお送りしますが、媒酌人には、

「お忙しい中、お世話いただき本当にありがとうございました。
とどこおりなく縁組をお納めいただきまして、厚く御礼申し上げます。」

と新郎の父親からお礼の挨拶をします。

シニア結婚

コメントは受け付けていません。