ヘッドドレスとアクセサリー・貸衣装の利用

■ヘッドドレス・アクセサリー
もっとも一般的なヘッドドレスというと、リース(花輪)、クラウン、ティアラといった飾りに、チュールのべールが付いたものです。

アクセサリーはドレス姿を引き立たせるためにはなくてはならないものです。

ネックレス、イヤリングがその中心となりますが、真珠の清純な輝きがもっとも好まれているようです。

その他にもグローブや靴が必要です。

グローブは、ドレスの袖が長ければ短いもの、袖が詰まっていれば長いものとします。

靴はパンプスがいいでしょう。

ドレスと同じ布地のものが一番しっくりします。

■貸衣装の利用
今日では、新郎新婦とも結婚衣装はほとんど貸衣装です。

一生に一度しか使わないものですから、あれほど高価なものを買うのはもったいないというのも頷けます。

貸衣装を借りるときには、まず予算を決め、それよりも安いランクのものから見ていきます。

また、純白であるかどうかは照明の関係からなかなか見分けはつきません。

純白のハンカチを持参して見比べてみるといいでしょう。

シニア 結婚

コメントは受け付けていません。