子供との同居~習慣を押しつけない

自分の家に同居するのだからと自分の家の習慣を押しつけてはいけません。

とくに食事はその習慣の違いが顕著に表れるところです。

油こいものを嫌う親と、こってりしたものが好きな若夫婦。

朝食にはご飯と味噌汁という親と、コーヒーとトーストという二人。

その両方を作ることはどちらが料理をするにしてもたいへんなことです。

水まわりは嫁姑の喧嘩の元でもあります。

たとえ二世代住宅でなくとも台所は別々にするという方法もあります。

とくに母親としては「本当に男というのは・・・」と父親や息子をダシに使って、嫁との共同意識を作りあげ、自分の娘と同じように接していくことです。

決して、「ウチでは今までずっとこうしてきたの。

これがあの子の一番好きなものだから、必ずこうしてね。」などと命令口調にはならないこと。

「ウチは今までこうしてきたけど、お宅ではどうだったの?」とか、

「こういうやり方ってわりと簡単だと思うけど、どうかしら?」などとソフトに話していくようにしましょう。

シニア 結婚

コメントは受け付けていません。