会計係・司会係・その他

◆会計係
会場への支払いやチップはもちろんですが、思わぬ時にお金が必要になることがあります。

その度に当事者たちがわずらわされるのは面倒なものです。

親類などの中から安心して会計をまかせられる人を両家それぞれ一名ずつ選んでおくと、好都合です。

あらかじめ予想される会場の費用・祝儀・チップなどに余分のお金を加えて預けておき、後で経費の明細記録と残金を受け取るようにしておきます。

◆司会者の準備事項
(1)披露宴のプログラム作成
(2)会場側と進行・会場設営などの細かい打ち合わせ
(3)新郎・新婦の経歴・人柄・趣味、二人にまつわるエピソードなどを聞き、メモをしておく
(4)招待者の主だった人の社会的地位・肩書、当事者との関係などを聞き、スピーチの時の紹介の仕方を考える
(5)受付・写真撮影係など、その他の世話役と打ち合わせ
(6)両家の両親の職業・家庭環境なども予備知識として調べておく
(7)席次表を参考に、主賓などの席次、テーブルの位置を覚えておく

◆その他
披露宴の模様を記念に録画しておきたい場合は、録画係を頼んでおきます。

式場で機械の準備から録画までしてくれるところもありますが、友人などに頼む場合は、ビデオカメラの持ち込みから頼むといいでしょう。

また、披露宴で二人の生い立ち、なれそめなどを映像で上映したい時は、機材と上映係も忘れずに手配しておきます。

国際結婚

コメントは受け付けていません。