和装・洋装の着る場合・4つのサムシング

◆和装の着る場合
肌じゅばん、裾よけ・伊達巻・腰ひも・帯板・帯枕・ガーゼ・足袋・草履など。

◆洋装の着る場合
じかに肌につける下着類、ストッキング、ガードル、靴など。

ペチコートは貸してくれます。

貸し衣装を汚した場合は、返す時に必ず申し出るのが常識です。

汚れの程度によって、クリーニング代などを支払うことになります。

もし、キャンセルする時は早目にします。

キャンセルの時期によっては、キャンセル料をとられます。

◆ウェディング・ドレスの4つのサムシング◆
(1)サムシング・ニュー
ドレスが貸し衣装ならば、ネックレスや靴などを新しく求めるなど、必ず、なにか一つは新しいもを身につける。

(2)サムシング・オールド
すべてが新規でなく、母や祖母が身につけていた、ネックレスやイヤリングなども、必ず着用する。

(3)サムシング・バロー
他人の幸福にあやかって、すでに幸せな結婚をしている女性から借りたものを身につける。

(4)サムシング・ブルー
純白のウェディング・ドレスに、さりげなく青色を加える。

例えばブーケにブルーとか、下着のリボンをブルーにする。

看護師 結婚

コメントは受け付けていません。