お色直しの衣装

披露宴の途中で新婦が中座し、服装を式服から別のものに改めることを色直しといいます。

色直しは、必ずしなければいけないものではありませんが、まず式服で披露宴に臨んだあと、途中でパーティ用の服装に変えるのが一般的です。

色直しを二回、三回とする人もいますが、よほど盛大な披露宴でない限り、一回がふつうです。

打掛で挙式し、ウェディング・ドレスを色直しに着たり、逆にウェディング・ドレスから打掛にかえたりするのは、式服からパーティ着にという、本当の色直しとは違いますが、最近ではあまり堅苦しく考えず、両方を着てみたいという人は、色直しを利用して希望をかなえています。

色直しの服装としては、洋装ならアフタヌーン・ドレス、イブニング・ドレス、カクテル・ドレス、あるいはウェディング・ドレス、和服なら、振袖・中振袖・訪問着などが、ふつう使われています。

式服が洋装なら色直しは和装で、式服が和装なら色直しは洋装で、というように変化をつけると、効果的でしょう。

一般に新郎が色直しをする習慣はありませんが、近ごろは新郎も色直しをするケースが増えています。

新婦が和服なら新郎も紋付・袴、洋装ならタキシードかダークスーツに変えるといいでしょう。

式服に限らず色直しも、新郎・新婦の服装のバランスがとれないのはおかしなものです。

二人の服装の格式が調和のとれたものになるように、心くばりが大切です。

医師 結婚

コメントは受け付けていません。