式場へのお礼・結婚式を終え出社時の心得・新居祝い

■式場へのお礼
結婚式の際は、挙式料とは別にお礼を包むのが一般的。

祝儀袋の表書きは、神式なら「初穂料」、仏式なら「寿」。

キリスト教式なら白封筒に「献金」と書く。

下段には両家名を並べて書く。

金額の目安はいずれもおよそ五千~一万円。

■結婚式を終え出社時の心得
新婚旅行を終えて出社する最初の日は早めに出勤する。

媒酌人をお願いした上司や披露宴の世話係をしてくれた人、披露宴に出席してくれた同僚にお礼のあいさつを忘れないように。

新婚旅行のおみやげは、菓子やタバコ程度で充分。

部署の同僚へは、みんなで分けられるもの、食べられるものを。

なお、新婚当初は周囲の注目を集めるもの。

なるべく早く気持ちの切り替えをして、仕事に精を出すようにしたい。

■新居祝い
新居の披露に招かれたりしないかぎり、部課単位のお祝いはしないのが一般的。

親しい間柄だったら、個人的に祝う。

管理職(部課の部長、課長など)が新築したような場合には、部下を新居に招くことが少なくない。

部課員がそろって招かれたようなケースでは、みんなで祝い金を出し合って持参するのがよい。

金包みの表書きは「寿」「祝御新築」、水引は蝶結びとする。

シニア 結婚