パーティーの進め方その2・当日の服装

■パーティーの進め方その2
この挨拶とともに、当人たちも、「よろしくお願いいたします」と、頭をさげると、全員が拍手をする。

そのあと、来賓の代表(たとえば、男性の勤め先の上司など)が、「それでは、おふたりのご婚約を祝って、乾杯させていただきましょう」と呼びかけ、全員が、グラスまたはさかずきを持って、「おめでとうございます」と唱和し、乾杯をする。

そのあと、全員で食事をともにしながら、談笑するわけです。

恋愛結婚などの場合、仲人がまだ決まっていないようなときは、本人の親から同様に婚約発表の挨拶をしてもよく、本人たちが自分で発表してもよいでしよう。

また、その挨拶のあとで、参列者の祝福を受けながら、婚約指輪などの交換を行なうのもよいものです。

■当日の服装
当日の服装は、正式にいえば、カクテル・パーティーやダンス・パーティーなら、男性はタキシード、女性はカクテル・ドレス、ティー・パーティーなら、アフターヌーン・ドレスということになりますが、当日の主催者たちの考えしだいで主客ともに、平服ということにしてもよいわけです。

セレブ 結婚

パーティーの進め方 その1

婚約披露パーティーの進め方は、結婚披露宴などとちがって、べつに定まった型はありませんが、だいたい次のような順序で行なわれることが多いようです。

まず、見合結婚の場合のように、仲人がいる場合は、全員がそろったところで、仲人が当人たちを伴って、正面に立ち、次のような挨拶を行ないます。

「このような高いところから、まことに僭越でございますが、ひとこと、ご紹介の挨拶をさせていただきます。

みなさまにも、すでにご承知のごとく、太田幸司君と細川美砂子さんには、かねてから、結婚を前提とした交際をつづけておられましたが、このたび、めでたく婚約を結ばれました。

これも、ここにご臨席のみなさま方のご理解あるご支援のたまものと、おふたりとともに、
わたくしどもも、心からお礼を申しあげます。

挙式は、今秋のご予定でございますが、おふたりにはその間に、いっそう相互の理解と愛情を深められて、しあわせなご結婚をなさるものと確信いたします。

みなさまにおかれましても、おふたりのご婚約を心からご祝福くださいますとともに、今後とも、よろしくご指導ご支援を賜わりますよう、お願いいたします。

シニア 結婚