会計係・司会係・その他

◆会計係
会場への支払いやチップはもちろんですが、思わぬ時にお金が必要になることがあります。

その度に当事者たちがわずらわされるのは面倒なものです。

親類などの中から安心して会計をまかせられる人を両家それぞれ一名ずつ選んでおくと、好都合です。

あらかじめ予想される会場の費用・祝儀・チップなどに余分のお金を加えて預けておき、後で経費の明細記録と残金を受け取るようにしておきます。

◆司会者の準備事項
(1)披露宴のプログラム作成
(2)会場側と進行・会場設営などの細かい打ち合わせ
(3)新郎・新婦の経歴・人柄・趣味、二人にまつわるエピソードなどを聞き、メモをしておく
(4)招待者の主だった人の社会的地位・肩書、当事者との関係などを聞き、スピーチの時の紹介の仕方を考える
(5)受付・写真撮影係など、その他の世話役と打ち合わせ
(6)両家の両親の職業・家庭環境なども予備知識として調べておく
(7)席次表を参考に、主賓などの席次、テーブルの位置を覚えておく

◆その他
披露宴の模様を記念に録画しておきたい場合は、録画係を頼んでおきます。

式場で機械の準備から録画までしてくれるところもありますが、友人などに頼む場合は、ビデオカメラの持ち込みから頼むといいでしょう。

また、披露宴で二人の生い立ち、なれそめなどを映像で上映したい時は、機材と上映係も忘れずに手配しておきます。

国際結婚

受付係・写真撮影係・配車係

◆披露宴の受付係
招待客にとって受付係は、披露宴の”第一の顔”ともいえます。

くれぐれも失礼のないように迎えることが大切です。

受付係は最低、新郎側・新婦側双方から一名ずつ出すようにし、招待客の数が多い時は、数に見合った人数をそろえます。

女性がいると場が和みますから、受付には女性を混じえるといいでしょう。

できれば、招待客の中に顔見知りが多い人に頼むとスムーズにさばけますが、一般的には親しい友人の中から選びます。

受付は、一時的に立て込むことがありますので、機敏に処理できる人を選ぶのも一つのポイントです。

◆写真撮影係
式後の記念撮影は結婚式場の写真室へ依頼しますが、披露宴の席のスナップ撮影は友人などに頼むケースが多いようです。

プロのカメラマンである必要はありませんが、記念すべき披露宴の写真ですから、失敗のないように、写真を撮るのが趣味の人や、カメラ扱いに慣れている人を選びましょう。

特に撮っておいてもらいたい場面や招待客があったら、事前に十分打ち合わせておきます。

◆配車係
会場によっては、お開きになった時のタクシーの手配、あるいは送りの車を用意してある時はその割り振りや案内を頼みます。

運転手へのチップなども、あらかじめ配車係に頼んでおくと便利です。

シニア 結婚