お色直しの衣装

披露宴の途中で新婦が中座し、服装を式服から別のものに改めることを色直しといいます。

色直しは、必ずしなければいけないものではありませんが、まず式服で披露宴に臨んだあと、途中でパーティ用の服装に変えるのが一般的です。

色直しを二回、三回とする人もいますが、よほど盛大な披露宴でない限り、一回がふつうです。

打掛で挙式し、ウェディング・ドレスを色直しに着たり、逆にウェディング・ドレスから打掛にかえたりするのは、式服からパーティ着にという、本当の色直しとは違いますが、最近ではあまり堅苦しく考えず、両方を着てみたいという人は、色直しを利用して希望をかなえています。

色直しの服装としては、洋装ならアフタヌーン・ドレス、イブニング・ドレス、カクテル・ドレス、あるいはウェディング・ドレス、和服なら、振袖・中振袖・訪問着などが、ふつう使われています。

式服が洋装なら色直しは和装で、式服が和装なら色直しは洋装で、というように変化をつけると、効果的でしょう。

一般に新郎が色直しをする習慣はありませんが、近ごろは新郎も色直しをするケースが増えています。

新婦が和服なら新郎も紋付・袴、洋装ならタキシードかダークスーツに変えるといいでしょう。

式服に限らず色直しも、新郎・新婦の服装のバランスがとれないのはおかしなものです。

二人の服装の格式が調和のとれたものになるように、心くばりが大切です。

医師 結婚

貸し衣装の利用

婚礼衣装は、一生に一度の晴れ舞台の衣装ですが、逆にいえば生涯二度と着ることのない衣装ともいえます。

ウェディング・ドレスは、あとで生地をほかに利用することもできますが、自分の手で作るか、母親や姉妹の手作り以外は、洋装も和装も、貸し衣装のほうが経済的です。

結婚式場は大体、どこでも貸し衣装をそろえています。

種類も豊富ですから、自分に合ったもの、好みのものが選べます。

貸し衣装を選ぶ時は、遠慮したり恥ずかしがったりせず、気に入ったものが見つかるまで、十分時間をかけて探しましょう。

最初に予算をはっきりと伝えておくことも大事です。

値段にもかなり差がありますから、初めに予算をはっきりさせ、その範囲内で選ぷようにしないと、面倒が起こります。

自分だけの考えでなく、母親や貸し衣装店の人のアドバイスなども聞くようにしましょう。

花嫁姿を見なれている人の意見は貴重なものがあり、着る人の体型やタイプなどに合ったものが選びやすくなります。

ウェディング・ドレスの場合は、特にサイズの合ったものを選ぷことが大切です。

多少のサイズ直しはしてもらえますが、時間がかかりますので、その時間を考えて、早目に準備する必要があります。

貸し衣装の中には、かなり古いものもありますので、薄汚れた感じがするものや、くたびれた感じのするもの、袷や袖口に汗や白粉のにおいのしみ込んでいるようなものは避けるようにします。

着付けに必要な小物・付属品などもひとそろいセットで貸してくれますが、次のような、直接肌に触れたりするものは、自分で用意します。

シニア 結婚