新婦の礼装~和服

新婦の正式和装は、白無垢で、打掛は格式の高い武家の礼装だったものが現在でも花嫁の代表的な式服として用いられています。

白無垢というのは、打掛から長襦袢まで全部白という意味で、清純無垢を象徴しています。

しかし、最近では白一色では寂しい感じもするので、色とりどりのものが使われるようになってきました。

打掛にはどんす・紋りんずなどを用い、めでたい模様を刺繍したり、金銀の縫い取りの入ったものなどにします。

最近では赤地も使われるようになっています。

掛下(打掛の下に着る上着)は白がふつうですが、最近では、打掛に合わせて、ピンク、ブルーなど色ものも用いられています。

生地は羽二重・紋りんずが一般的です。

帯は打掛と同じ生地で、白が正式ですが、金糸・銀糸の刺しゅうをしたものなどが用いられます。

また、帯の下に飾る帯をかかえ帯といい、白りんずか金銀のものを使います。

長襦袢は、白または掛下と同色のもので、半衿に白羽二重か、金銀の刺しゅうのあるものをつけます。

帯あげは、白地に絞りのあるもの、帯締めは白地に金糸か銀糸の縫い取りのあるものを用います。

色打掛の場合は、赤と銀の交ぜ織などが使われます。

足袋は白羽二重、草履は白無垢には白、または赤白、金か銀、打掛の柄と同じ柄などを使いますが、布製のものにします。

小物としては、懐剣・箱迫(箱形の紙入れ)・扇子を持ちます。

懐剣は錦の袋に入れ帯の左側にさす、形式的な飾りです。

箱迫は白地に金銀の刺しゅう、扇子は金銀の両面、房飾りは着物の色に合わせます。

セレブ 結婚

新郎の礼装~洋装

厳密にいえぱ、男子の礼装は、日中ならばモーニング(・コート)、夜間はイブニング・コート(燕尾服)を用いますが、日本ではこれにあまりこだわらず、昼夜ともにモーニングが正装として通用しています。

略式ならばダークスーツ、また夜間なら、タキシード(ディナー・スーツ)が用いられることもあります。

◆〈モーニング>
上着は黒か濃紺で、ドスキンかカシミヤで一つボタン、チョッキは上着と共地かグレーのフラノにし、ズボンは黒とグレーの縞で、裾の折り返しのないものにします。

ワイシャツは白でひだ胸、スタンドカラー、ネクタイは白かグレー、または黒と白との斜め縞のものです。

靴下は絹の黒、靴は黒を用い、白の手袋をします。

胸には白のポケットチーフ・ブートニア(男性用の胸につける花)をつけます。

◆〈タキシード〉
上着は黒のシングル、一つボタン、ズボンも黒にします。

チョッキは上着と共地か白、ネクタイは蝶ネクタイを用います。

靴下・靴・手袋・ポケットチーフ・ブートニアなどは、モーニングと同様です。

◆〈ダーク・スーツ〉
黒、濃紺、ダークグレーなどの三つ揃いで、ダブルでもシングルでもかまいませんが、ダブルのほうが改まった感じがします。

ワイシャツその他は、モーニング・タキシードと同様です。

シニア 結婚