結納品

結納品は地方によって内容、形が異なります。

関東から東北にかけてよく使われる結納品は正式が九品目で、長のし、目録、金包、かつおぶし、するめ、こんぶ、友しらが(麻のひも)、末広、柳樽(金包)の九つの品を白木台に載せた形です。

ここから、かつおぶしと柳樽を省略した七品目、さらにするめとこんぶを除いた五品目の略式があります。

中部地方から関西にかけては、結納金、柳樽料、松魚料の三つの金包がそれぞれの白木台に載り、松竹梅の飾りがついたものに、末広や長のしを添えた形が一般的です。

これは三台とか五台というように区別され、豪華なセットになりますと、別にこんぶやするめの現物がついたり、高砂の人形、呉服飾りを添えたものもあります。

このほか、九州のある地区ではお茶がついていたり、関西地方の中には化粧料やはきものなど、女性が身を飾る品も添えられますし、最近では、指輪が加わるのが一般化しています。

このように、結納品といってもさまざまですが、東西ではっきり違うのは、関東では結納の金額とは関係なく品物が使われるのに対して、関西では結納金の一割程度の飾り台を用いる習慣があるということです。

さらに女性から男性へ贈る金額や時期、飾り台についても地方によって習慣が異なります。

本人中心に双方で話し合って、二人にふさわしい婚約の形を考えましょう。

シニア 結婚相談所

婚約通知・結納の方法

◆婚約通知

婚約通知は婚約の証であり、通知を受け取った人は婚約の証人となります。

婚約通知を出すのは、婚約の承認を得ると同時に、まわりの人々の祝福のなかで結婚準備を進めていくことを目的とします。

ただ、挙式を半年以内に控えている場合は、あえて通知をしなくてもかまいません。

通知状ははがきでも封書でもよく、特に書状に決まりはありません。

一般的には、時候のあいさつのあとに、婚約をしたことと、決まっていれば挙式予定の時期を伝え、最後に今後の支援をお願いして締めくくります。

婚約した男女二人の姓名を連署します。

通知状は印刷でもかまいませんが、できるだけ、肉筆で一筆加えたいものです。

◆結納の方法

日本でもっとも古くから行なわれている婚約の方法です。

現金に酒肴や縁起物を添えて贈るのが一般的な形です。

かつては、仲人が双方の自宅を往復して取り交わす例が多かったのですが、最近では、男性本人と親が女性の家に出向く方法が多くみられます。

また、都会地では、双方から本人と親が料亭やレストランなどの一室を借りて集まり、その場で交換する形が増えています。

こうした場に、証人として仲人、たとえば見合いの折の仲介者や挙式時の仲人が立ち会ったり、きょうだいなどの顔合わせも兼ねて家族が列席するケースもみられるようになりました。

セレブ 結婚