綿密なプランの作成

披露宴の道行についての打合わせはもっとも大切なことです。

いろいろな披露宴の形式がありますから主催者側からよく聞いておきます。

媒灼人の挨拶、乾盃、祝辞、ケーキに入刀、お色直し、
余興、その他の趣向など、進行のプログラムを作成し、十分に打ち合わせをしておきましよう。

披露宴の時間については、特に念入りに打ち合わせしなければなりません。

だらだらと時間のかかる披露宴は、盛りあがりを欠くことになってしまいます。

ここには、当然のことながら演出が必要になってきます。

司会者は宴の進行係ばかりではなく、披露宴の演出家でもあるわけです。

媒灼人の新郎・新婦の紹介と挨挨はもちろん、乾盃の音頭を取っていただく方や祝辞をいただく方は何人にするか、祝辞は何分ぐらいお願いするか、その他の余興(謡曲、民謡、舞踊、新郎・新婦へ披露宴での贈り物)をどこで願いするか、それらをお願いする方の新郎・新婦との関係、氏名、肩書などは詳細なメモにしておきます。

祝辞や余興をお願いする方には、主催者側とよく打ち合わせて、当日指名された方が面食らわないように、事・前にお願いして、承諾を得ておくの式前に打ち合わせをが礼儀というものです。シニア 結婚

司会をひきうけたら

披露宴の司会をひき受けたら、まず披露宴における司会者の重要性をしっかりと心得ねばなりません。

また、披露宴の持つ意義を充分頭に入れ、事前に両家との綿密な打ち合わせを持つことが必要でしょう。

この打ち合わせで、確認しておかなければならないことは、まず会場のことです。

ふつうは、結婚する当人か両家で決定するものですが、会費制の結婚式などでは、司会者、すなわち実行委員、となって、会場の用意に奔走することもあるでしょう。

こういったときには、招待者の数、交通の便、予算、披露宴の形式等を頭に入れながら会場を選ばねばなりません。

どういう場合でも必ず自分の足を運んでみることが必要です。結婚