シニアと家族の介護

シニア介護については、専ら嫁に犠牲を強いる形で行われてきた家族介護から、社会的介護へと向かっている。

その流れ自体は、否定すべきものではないだろう。

だが、社会的介護といっても、実際には年金は少なく、介護や医療にかかる自己負担費用も大きい。

家族や周囲に暮らす人たちの協力なしに豊かな老後を暮らすことは難しい。

特に、精神的な満足感は、制度的な関係には望みがたい(たとえば、介護ヘルパーにはプロの技を期待できても、それ以上を期待するのは「仕事」をしている相手に失礼だ)。

それは日頃からの人間的な交流があって、はじめて生まれてくるものだろう。

シニアが「家族に迷惑をかけたくない」と考えるのも立派なことだが、家族がシニアの介護を迷惑と感じないくらい深く結びついていれば、もっと素晴らしい。

少なくとも、精神的にはそうした絆が必要だ。

周囲の住人とも、相互にそのような関係が築かれていればろうか。

それが最高の居住環境といえるのではないだろうか。

シニア 結婚