熟年カップルのちょっとした「遊び心」

60代、70代、80代の独身男女のつきあいの場では、いろいろと駆け引きをするよりも、誠実な姿勢を貫き通すほうが、よりよい人間関係の構築への近道です。

正直は最上の策といわれている通りです。

しかしまた、熟年世代の心理は微妙なもので、単調なものには飽きて、多少はくだらないことであっても変化を求めたりします。

すなわち、ときには人生にアクセントをつけて、面白おかしくするような要素を欲しいと思うのです。

もちろん恋愛や結婚についても、この点は変わりません。

誠実であることは大原則ですが、ときには多少のテクニックを使うのも必要です。

相手の心をもてあそんだり、自分だけが有利になったりするようなことでなければ、スムーズな交わりのためには有効です。

熟年カップルにこそ、一種の潤滑油的な働きが必要だと考えればいいでしょう。

例えば、ふざけ半分にすねた態度を見せるとか、ほかの異性についてことさらに感心した風情を見せるとか、相手の心に小さな揺さぶりをかけるのです。

もちろん、そのあとでそのような揺さぶりが、効果的にプラスの方向に働いた点を確認しておく必要があります。

もし、結婚の話を進展させるうえでマイナスの結果になったと思ったら、ただちに軌道修正をしておく必要があります。

本気ではなかった点を何らかの方法で相手に伝えるのです。

 
熟年結婚ならシニアブライダルへ

 

熟年カップルのデートのコツ

熟年カップルのデートでオススメなのが、相合傘、そして、コートで女性を羽織ってあげることです。

70代の男性が、60代の女性と出かけたとき、女性をコートで羽織ってあげたとしましょう。

自分の上着を喜んで羽織ってもらえたということは、自分に対して好意を持っているという証拠です。

したがって、まだデートもしていない相手が、自分に対してどのような感情を抱いているかを確めたいときには、機会があったら試してみるといいでしょう。

特に大勢の仲間と一緒のときに、相手が心よく羽織ったら、かなりの好感を持たれていると思っていいと思います。

衆人環視の中で二人の一体感を示したかたちになるからです。

恋人や夫婦が同じ色やパターンの衣服を着るペアルックは、二人が仲のよい点を人に誇示している。

しかしそれよりも、同じ物を二人で共同で使う結果になるから、さらに親しい関係を暗示するような雰囲気にもなります。

同じような意味合いから、ときには相合傘をしてみるのもいいでしょう。

激しい雨が降っていて傘が二本あるときに、わざわざ相合傘をする必要はないです。

しかし、小降りのときは、一本の傘の下を二人で歩いてみましょう。

お互いに濡れないようにと気を使うので、しっかりと寄り添わざるをえなくなります。

一心同体になり、二人の息が合っていないと駄目です。

また、急に雨が降りだし、自分は傘を持ってきていても相手が持っていなかったときは、相合傘になるが、別れるときは相手に貸すかあげるかします。

雨の中を濡れていく後ろ姿はさわやかで、傘をさして見送る人の心は温かく潤っているはずです。

 熟年結婚ならシニアブライダルへ