うまくいく熟年結婚とは

熟年結婚をしたカップルが、ずっといっしょにいると、相手の気に入らない行動が目につくことがあります。

そんなときは、相手に不満や怒りをぶちまけたくなるものです。

しかしそんなことをすれば、事態をますます悪化させてしまいます。

当然、あなたも相手も状況を改善したいと思っているはずです。

では、どうすればいいのでしょうか?

相手の長所を指摘すればいいのです。相手があなたの気に入らないことをしたからといって、それをあげつらうと関係がこじれます。

そんなときは相手の数ある長所の中の2つか3つを思い浮かべて、すぐに気持ちを切り替えましょう。

相手は長所を指摘されると、あなたの不満や怒りを感じることなく愛情を素直に受けとることができます。

その結果、相手はあなたのポジティブな姿勢に心を開き、落ち着いて行動しますから、間違いを繰り返しにくくなるのです。

誰でも相手をイライラさせることがあるが、必ず長所を持っている相手の長所を指摘すれば、相手はそれをさらに伸ばそうとする
感情的になって相手に不満や怒りをぶちまけてはいけません。

そんな衝動に駆られたときは、ポジティブな気持ちで相手に接しましょう。熟年結婚にも忍耐が大切です。

熟年結婚ならシニアブライダルへ

 

何でも話し合える熟年カップル

60代、70代、80代の熟年カップルの結婚がうまくいくかどうかは、おたがいのコミュニケーション能力と密接な関係があります。

なんでも自由に話しあえる熟年カップルは、もし問題が生じても、それが大問題に発展する前に解決できることが多いのです。

それに対しコミュニケーションがうまくできていないカップルは、結婚してしばらくすると、敵対的な関係におちいることがよくあります。

二人の日常生活は、にらみあいながら休戦しているようなありさまです。

まさに一触即発の状況で、へたをすると別離か熟年離婚という結果になります。

おたがいをよく知ってから結婚すれば、すでに十分に話しあってきたのですからコミュニケーションに支障をきたす理由はありません。

しかし、もし十分に話しあってこなかったのなら、今こそコミュニケーションをとり始める絶好の機会です。

十分に話しあうことをいやがる理由の大部分は、そうすることによって自分の弱さがあらわになるのを恐れているからです。

要するに、自分の心の奥底の感情をさらけだして相手にばかにされるのが怖いのです。

相手に自分の思いを洗いざらい話すことは必要ありません。

ご自分にとって、ひいては二人の関係にとって大切なことを話しあうことが大切なのだと思います。

熟年結婚ならシニアブライダルへ

 

 

60代 70代 80代の結婚

酪農家で働く熟年男性と結婚するのは楽しい。

とくに嬉しいのは、生き物はかわいいこと。ただ、それは体力に自身のある場合に限ってだが。

都会でも、農漁村で働く場合でも、体力があって、その上に骨惜しみしないことが、熟年結婚を生活させるコツである。

自分がやらなければならないと思ったら、すぐそれを実行に移すような心意気も必要である。

都会と地方にかかわらず、何の職業でも、家庭の雑事でも、働くのが好きというひとと、なるべく面倒なことはしたくないというひととあるけれど、それは怠け心の有る無しというより、健康の問題である。

健康な熟年であれば、70代であろうと、80代であろうと、やっぱりからだを動かして何かをやりたくなる。

体力が伴わないと、やる気がないということになる。

60代以上の熟年結婚の相手の条件は、男も女も、人柄のいいひと、思いやりのあるひとと並んで、からだの丈夫なひとを選んだ方がいいと思う。

だから農家や酪農家は忙しいというけれど、その仕事にふさわしい女のひとも当然いるわけである。

ただ知り合う機会がない。その集団見合いが成功して、都会の60代以上の女性が農家や酪農家で円満に暮している例を見聞きすると嬉しい。

60代 70代 80代の結婚

 

農村での熟年結婚

農村に花嫁がなかなか来ないというが、農村では、60代でも独身の方がたくさんいらっしゃる。

そのためよく、農村では、集団見合いというのが行なわれることがある。酪農家の熟年男性も相手を求めている。酪農というのは、農業よりなお一層大変なことらしい。

農業には農閑期があるけれど、酪農家は生き物相手なので、一年中、朝から晩まで、餌をやったり、餌になる草を刈り入れたり、乳を絞ったり、排泄物の始末もしなければならないという。

ただ、山好きの人にとっては、町が嫌いなので、この頃のように、機械を多く利用できる農業なら、苦労もあろうけれど、収穫の喜びもある。体力のあるひとには、やり甲斐のある仕事ではないかと思う。

かつては嫁いびりなどという話がよくあったけれど、嫁不足から、来てくれるひとはお嫁さまさまで、大事にされるという。これは、60代以上の熟年カップルならなおさらのことだ。

職場のように対人関係に悩むこともなく、大地相手の仕事は、誰に頭を下げることもなくて、自分と気のあった、自分をいたわってくれる男性と一緒に、空気のきれいなところで働くのは、労働過重にならない限り、適当な休養時間を設けることができる限り、都会のごみごみしたところで働くよりは、おもしろい気がする。

熟年 結婚

 

 

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !